So-net無料ブログ作成
検索選択
2010年2月19日に開設した 【みなと】のお気に入りノートの Part 2 になります。 引き続きご覧くださいませ[わーい(嬉しい顔)]  Part 1 はこちら ⇒ http://minato3710.blog.so-net.ne.jp/
茨城県笠間市・文化スポット ブログトップ

竹久夢二と大正ロマン@笠間日動美術館 [茨城県笠間市・文化スポット]

 皆様,こんばんは[三日月] いつもご訪問くださいまして,誠にありがとうございます[かわいい]
 さて,本日の記事は,茨城県笠間市にある笠間日動美術館での作品鑑賞についてです。
 現在,企画展示館では,「竹久夢二と大正ロマン―竹久夢二美術館所蔵作品を中心に」が開催されています。
  
   http://www.nichido-museum.or.jp/exhibition.html
DSC09310.JPGDSC09308.JPG 
 上のホームページアドレスをクリックしていただくと現れる「美人画」・・・竹久夢二(たけひさ・ゆめじ:1884-1934)のことは詳しくなくても,このような女性の絵をご覧になった方は多いでしょう。
 入口近くには,夢二の経歴パネルと,若かりし頃の写真も展示されていました。
 イケメンでお坊ちゃま。おまけに絵が上手く,詩も書ける…これなら女性に [揺れるハート][揺れるハート] だったことが,容易に想像できます。

 さて,会場内には約160点の展示品があります。妻や恋人をモデルに描いた肉筆画をはじめ,絵葉書や,絵付けした陶磁器などの日用雑貨も。
 夢二は,デザイナーとしての才能も持ち合わせたようですね。

 では,印象に残った作品を3点あげておきます。

 まずは,風景画の『モントレーの丘から』(昭和9年)。 カリフォルニアに遊学した際見た景色を描いたそうで,美人画とは全く異なった,「硬筆」というイメージ。
 また,『会津の女性』(昭和10年)。鉛筆で描かれています。
 そして,2階にあった『松竹梅』(大正10年ごろ)。三幅の掛け軸で,“松”は舞妓さんの帯でした。こちらはポスターにもなっています。

 
 「竹久夢二と大正ロマン」展は,2013年12月8日(日)まで開催されています。 
 夢二絵画がお好きな方,また大正の雰囲気を味わいたい方,ぜひご来場くださいませ[ひらめき]


 
 企画展示館1階では,「特集展示 金山平三と佐竹徳」も同時開催されています。

 【みなと】は佐竹徳(さたけ・とく:1897-1998 )が「お気に入り」です。
 最近まで全く知らない画家でしたが,第一印象で惹かれました。うまく言えませんが,絵の中に「敬虔さ」が感じられたのです。
 彼の経歴にも,次のように書かれていました。「大正11年,セザンヌ画集を見た時から絵が描けなくなり,ジャワ・インドに旅行帰国後はキリスト教を信仰(以下略)。

 売店で絵葉書を数枚購入しました。
DSC09327.JPG

DSC09326.JPGDSC09329.JPGDSC09330.JPGDSC09332.JPG
 できましたら皆様にも,佐竹徳の油絵を,会場で直接ご覧いただき,何かを感じていただきたいと考えております。


 笠間日動美術館の敷地内には,別棟で「フランス館」「パレット館」があり,国内や海外の有名な画家の作品が多数常設展示されています。こちらもお勧めいたします[るんるん]

  笠間日動美術館
   住所:茨城県笠間市笠間978-4  郵便番号:309-1611
   TEL 0296(72)2160
   開館時間:午前9時30分より午後5時(入館受付は4時30分まで)
   休館日:毎週月曜日
    http://www.nichido-garo.co.jp/museum/index.html
   電車でのアクセス:
    JR友部駅よりかさま観光周遊バスで約20分「日動美術館」下車(100円) 
     http://www.city.kasama.lg.jp/index.php?code=356
    JR笠間駅より茨城交通バスで約6分「日動美術館前」下車徒歩3分(160円)
     http://bus.ibako.co.jp/timetable/result/?no=962&de=52&week=1&f_from_type=1&f_from_genre=&f_from=%E7%AC%A0%E9%96%93%E9%A7%85
   車でのアクセス:北関東自動車道友部ICより国道355号線を笠間CC方面に進み約8km(約10分) 
    *駐車場あり
  

nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

没後50年・板谷波山展@茨城県陶芸美術館 [茨城県笠間市・文化スポット]

 茨城県笠間市には,陶芸作品を専門に展示している茨城県陶芸美術館があります。
 こちらでは現在,企画展『没後50年・板谷波山(いたや・はざん)展  葆光(ほこう)-その静かなる情熱。』が開催されております。   
   
  企画展案内リーフレット
 http://www.tougei.museum.ibk.ed.jp/exhibition/h25_hazan/hazan.pdf
DSC09297.JPGDSC09299.JPG
 板谷波山(1872-1963)は茨城県出身の陶芸家。昭和28(1953)年,日本で初めて陶芸分野で文化勲章を受章なさいました。

  板谷波山 (ウィキペディア)  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BF%E8%B0%B7%E6%B3%A2%E5%B1%B1

  また,平成16年には,波山30歳前後のエピソードが映画化され(榎木孝明さん主演),【みなと】もDVDを買いました。

  映画『HAZAN』(ウィキペディア)   http://ja.wikipedia.org/wiki/HAZAN

 県陶芸美術館の常設展には波山コーナーが設けられていて,【みなと】も定期的に作品を鑑賞しており,一見繊細ながらも,凛とした美しさに心惹かれております。
 そして,波山の芸術家としてのスタンスも好きです。特に, 出来上がりに傷を発見すると,金づちで割ってしまう という話。大変潔いですよね。正直「もったいない」とも思いますが[たらーっ(汗)]

 それはともかく,今回の企画展, 波山の没後50年を記念し,近年の研究成果を踏まえ,波山芸術の全貌を紹介する という趣旨。

 会場内は,彫刻や芸術論を学んだ東京美術学校(現・東京芸術大学)時代から,教師として着任した石川県工業学校陶芸家として独立した東京・田端・・・と年代順に作品が展示されています。
 また,波山が影響を受けたと思われる,マジョリカ(すず釉を用いた低火度の陶器で,ドイツを中心に量産されていた)アールヌーヴォー関連のものもありました。

 では,印象的だった作品を2点ご紹介。

 まずは 葆光彩磁葡萄文様花瓶(ほこうさいじぶどうもんようかびん:大正9年)。こちらはリーフレットにも掲載されています。
 葆光とは,「光を包み隠す」,あるいは「自然のままの光」と言う意味。確かに完成品は,薄いベールを被ったような雰囲気。気品を感じさせる仕上がりで,とても美しいです。
 波山芸術というと,こうした作品をイメージする方が多いのでは?

 それから,彩磁印で亜文花瓶(さいじいんであもんかびん:大正5年)。←「で」が漢字出力できませんでした[もうやだ~(悲しい顔)]
 「印で亜」とは,ネイティブアメリカンのこと。葆光彩とは違った,土臭さと言うか,力強さが感じられます。

 他にも,皇室や財界人が購入した作品,茶道具など,代表作約160点と資料約50件が並べられています。

 没後50年・板谷波山展は,2013年12月8日(日)まで開催です。茨城県内の方はもちろん,波山の焼き物に関心をお持ちの方には,遠方からでも是非おいでいただきたいです[かわいい]

 なお,館内の他のフロアでは,松井康成や地元笠間を中心とした陶芸家の陶磁器が展示されております。あわせてどうぞ。

 映画『HAZAN』に使用されたロケセット(波山邸と登り窯)も敷地内にありますので,ご来館の際はどうぞのぞいてみてください。

 茨城県陶芸美術館
  住所:茨城県笠間市笠間2345
  http://www.tougei.museum.ibk.ed.jp/index.html
  電車でのアクセス
   JR友部駅よりかさま観光周遊バスで約15分「工芸の丘 陶芸美術館」下車(100円) 
     http://www.city.kasama.lg.jp/index.php?code=356
   JR笠間駅より茨城交通バスで約8分「芸術の森」下車(160円)
     http://bus.ibako.co.jp/timetable/result/?no=962&de=52&f_from_type=1&f_from_genre=&f_from=%E7%AC%A0%E9%96%93%E9%A7%85                                                                    車でのアクセス:北関東自動車道 友部インターから10分/笠間西インターから15分 
            常磐自動車道 岩間インターから25分/水戸インターから30分 
             *駐車場あり

nice!(27)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

2013年笠間の菊まつり@笠間稲荷神社 [茨城県笠間市・文化スポット]

 茨城県笠間市では,毎年10月中旬から11月下旬にかけ「笠間の菊まつり」を開催しています。
 今年2013年は106回目。開催期間は,10月19日(土)から11月30日(土)までとなっております。
  笠間の菊まつり   
        http://www.kasama.or.jp/event/event13.html

DSC09241.JPGDSC09243.JPG

 9月下旬に笠間稲荷を訪れた際,NHK大河ドラマ『八重の桜』の出演者をお見かけしました。
 何と,主役の八重さんと,会津時代のライバル・中野竹子さんです[揺れるハート]





DSC09239.JPGDSC09240.JPG






 ・・・綾瀬はるかさんと黒木メイサさんを期待なさった方,大変申し訳ありませんでした[もうやだ~(悲しい顔)]

 ともかく,皆様にも是非,笠間稲荷神社で菊の美しさを愛でていただきたいです。
 時期的には,11月に入ってからの方が,たくさんの菊が咲いていると思われます。

 なお,境内で時々猫を見かけますので,そちらもアップしておきます。
DSC09244.JPGDSC09245.JPGDSC09246.JPGDSC09247.JPGDSC09248.JPGDSC09249.JPG

 笠間稲荷神社
  住所:茨城県笠間市笠間1
  http://www.kasama.or.jp/
  電車でのアクセス
   JR友部駅よりかさま観光周遊バスで約20分(100円) 
     http://www.city.kasama.lg.jp/index.php?code=356
   JR笠間駅より茨城交通バスで約5分「稲荷神社前」下車すぐ,又は「荒町角」下車徒歩1分(いずれも160円)
     *バス時刻表   
      http://bus.ibako.co.jp/timetable/result/?no=962&de=52&f_from_type=1&f_from_genre=&f_from=%E7%AC%A0%E9%96%93%E9%A7%85
      http://bus.ibako.co.jp/timetable/result/?no=962&de=54&f_from_type=1&f_from_genre=&f_from=%E7%AC%A0%E9%96%93%E9%A7%85
   
  車でのアクセス:北関東自動車道友部ICより国道355号線を笠間CC方面に進み約8km(約10分) 
   *有料駐車場あり(周辺には季節により無料となる場所あり)
  
  


  笠間市トップページ・観光
     http://www.city.kasama.lg.jp/kankou/index.html
nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
茨城県笠間市・文化スポット ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。