So-net無料ブログ作成
検索選択
2010年2月19日に開設した 【みなと】のお気に入りノートの Part 2 になります。 引き続きご覧くださいませ[わーい(嬉しい顔)]  Part 1 はこちら ⇒ http://minato3710.blog.so-net.ne.jp/

ベネズエラ旅行2日目 その2 [ベネズエラ]

 前回の続きです。
 南米の国 ベネズエラ旅行の2日目(2013年12月29日)。首都カラカス近郊の観光について。

 ストーン博物館を後にした後は,山をさらにのぼり,ガリバン村へ向かいました。
 こちらは,もとはコーヒーのプランテーションだったそう。
DSC09660.JPGDSC09662.JPG
 標高が高く,カラカス市内を一望できます。
DSC09657.JPGDSC09659.JPG
 きれいな花が咲いていました。
DSC09665.JPGDSC09666.JPG
 ワンちゃんたちものんびり[わーい(嬉しい顔)]
DSC09668.JPG

 写真には撮りませんでしたが,施設ではバーベキューもでき,家族連れでにぎわっていました。

 その後はランチタイムになったので,ローカルフードレストランへ。

 道すがら,ビューポイントで首都の様子を[カメラ]
DSC09669.JPG


 【みなと】達が訪れた食堂。
DSC09684.JPGDSC09674.JPG
DSC09675.JPGDSC09673.JPG

 「看板娘」の猫ちゃん。なかなかお顔を見せてくれません[もうやだ~(悲しい顔)]
DSC09677.JPGDSC09680.JPG
 しかし,食事がテーブルに載ると,【みなと】のことを凝視。その姿もかわいかったので,何回かに分けて食べさせてあげました[かわいい]

 ここでいただいたのは,ストロベリージュース,チキンスープ,ポークサンドウィッチ。〆はインスタントコーヒー。
DSC09679.JPGDSC09682.JPGDSC09681.JPGDSC09683.JPG
 豚肉はちょっと硬かったけれど,パンとともに歯ごたえがありました。またスープは,材料にハーブが入っていて,飲んでいるうちに元気が出ました[ぴかぴか(新しい)]
 ちなみに,コーヒーにストローらしきものがさしてあったので,【みなと】はそれで飲んでいましたが,実はこれ,マドラーだったようです[あせあせ(飛び散る汗)]

 食事をすませて帰るとき,レストランのオーナーらしき若い女性に対し,ガイドが【みなと】のことを,「日本から一人で来た」と紹介。すると彼女,【みなと】の両頬にキスしてくれました。これも初めての経験[揺れるハート]

 
 さて,観光が終了し,午後3時30分にはホテルに戻りました。しかし,寝るにはまだ早いので[たらーっ(汗)],近辺をうろうろ。
 カリブ海がめちゃめちゃキレイ[るんるん]
DSC09685.JPG

DSC09686.JPGDSC09687.JPG
 人の通わないような場所に立っていたら,通りかかった車から顔をのぞかせた男性が,“Very beautiful,pero,muy peligro.”(ここは大変美しいが,とても危険だ)と,英西語交じりに注意してくれたので,おとなしくホテルに戻りました。

 旅行3日目については,別の記事のあとにアップいたします。

  ベネズエラ(ウィキペディア)
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%8D%E3%82%BA%E3%82%A8%E3%83%A9

  ベネズエラ・マリオット・ホテル・プラヤ・グランデ(英語版)
   http://www.marriott.com/hotels/travel/ccsap-venezuela-marriott-hotel-playa-grande/
nice!(30)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ベネズエラ旅行2日目 その1 [ベネズエラ]

 皆様,こんにちは。ご訪問ありがとうございます[かわいい]

 こちらのブログの更新が,1か月以上滞ってしまいました。
 実は2月中旬から,思いがけない仕事が入ってしまい,記事作成に集中できませんでした[もうやだ~(悲しい顔)]
 最近やっと落ち着いてまいりましたので,南米の国 ベネズエラ への旅行記を再開します。

 2日目(2013年12月29日)は,首都カラカスの観光を行いました。
 本来であれば,この日は,ギアナ高地の観光拠点であるカナイマに行くはずでした。

 ところが,出発前の25日に旅行会社から連絡がありました。
 29日のカラカス→プエルトオルダス(中継地)の飛行機がオーバーブッキングとなり,【みなと】の分がはじかれてしまったとのこと[ふらふら]

 「中南米の飛行機では,オーバーブッキングがよく起きる」と聞いてはいましたが,【みなと】は初めての経験。
 旅行社では,何とかフライトが可能になるよう工面してくださったようですが,結局この日はカラカスどまりとなりました。
 現在,首都近辺は治安が非常に悪化しているとのことで,比較的安全な場所(アビラ国立公園)を選んでくださったようです。 
 この時の様子も,2回に分けてアップします。

 「9時30分に英語ガイドが迎えに来る」とのことで,それまでホテル マリオット・プラヤ・グランデ Hotel Marriott Playa Grande でのんびり。不眠症に悩まされた2012年の旅行と違い,5時間は眠れました。
 部屋からの眺め。カリブ海が目前に広がります。
DSC09622.JPG


 レストランでの朝食。  
DSC09623.JPGDSC09624.JPGDSC09625.JPGDSC09626.JPG

 ロビーに飾られていたクリスマスツリー。
DSC09627.JPG


 ガイドとともにホテルを出発し,まずはストーン博物館へ。
 小高い丘をジープで登って行きました。
DSC09635.JPG

 途中から眺めるカリブ海も絶景[ぴかぴか(新しい)]
DSC09633.JPG


 ストーン博物館は,珍しい石が飾られているのか・・・と単純に考えていたのですが,そうではなく,男女がスピリチュアルな交わりを深める場所なのです。
DSC09637.JPGDSC09656.JPGDSC09638.JPGDSC09636.JPGDSC09640.JPGDSC09641.JPGDSC09642.JPGDSC09652.JPG 
 よって,【みなと】以外は,地元のヤングカップルばかり[あせあせ(飛び散る汗)]
 それでも,石の上で大声を出したり,見知らぬ青年の頭にキスしたり[exclamation×2]と,楽しく貴重な体験ができました[ひらめき]
DSC09647.JPG

DSC09648.JPGDSC09649.JPGDSC09650.JPGDSC09651.JPG
 最後は,カリブ海に面した石の椅子に座り,心静かに祈りました。
DSC09653.JPGDSC09655.JPG 

 それでは,続きはまた次回[るんるん]

  ベネズエラ(ウィキペディア)
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%8D%E3%82%BA%E3%82%A8%E3%83%A9

  ベネズエラ・マリオット・ホテル・プラヤ・グランデ(英語版)
   http://www.marriott.com/hotels/travel/ccsap-venezuela-marriott-hotel-playa-grande/
nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。